1,718 views

【新店レポ】11月19日にオープンした銀座『金のダイニング 鮪金』がデートにも接待にも最適すぎた!

【11月19日オープン】銀座に登場したお米料理店『金のダイニング 鮪金』に行ってきた!

img_2027

銀座駅から徒歩2分とすぐの場所に新しくオープンした『金のダイニング 鮪金』。店名通りお店も金色に輝いていていました。

このお店は旬の魚介類を味わえるお店。ネタはもちろんのこと、シャリにもこだわり金芽米を使用しているのだそう。

img_2043

店内にはカウンター席のみならず、テーブル席や個室もあります。とても落ち着いた高級感あるお店なので、デートや接待にはピッタリですよ。

カウンター席では、目の前で板前さんがお料理をしているところを見られるという特権が!これもまた楽しいですね。

ランチメニューで提供されている海鮮丼を食べたら、毎日でも通いたくなった

img_2056

こちらはランチタイムで提供されている「極鮮 海鮮丼」。見るからにもりもりの海鮮丼は、こんなにたっぷり量が入っていてお値段なんと980円!

さらに海鮮丼には、お刺身やお新香・お椀・月見大根まで付いてくるのです。

なかにはウニ、いくら、イカや数の子、鮪など本当にいろいろな種類の海鮮が入っていてとっても贅沢。

img_2079

お米はローカット玄米が使用されていて健康的でヘルシーというのも嬉しいところ。

最初は専用のお醤油をかけていただき、途中から月見大根を添えて食べます。新鮮な味わいからさっぱりとした味に変わり、飽きることなく最後まで美味しくいただけます。

近くにあったら毎日でも来てしまいたくなる大満足ランチでした!

ディナーメニューの7,000円のコース料理を堪能。

img_2046

まずはビールで乾杯。このお店は日本で初めてアサヒ・サッポロ・サントリー・キリンの4社全てと提携したのだそう。自分の好きなものを選べるというのは嬉しいですね。

img_2054

「先付」として、もみじなどが飾られた見た目もとても綺麗な秋を感じる前菜が登場。栗を使用したものなど、どれも繊細な味付けで美味でした。

img_2076

続いて「刺し身盛り合わせ」。神奈川県産のタコに、氷見のブリ、鮪。個人的に脂ののったブリが絶品すぎて感動。

全て本当に新鮮さが伝わってくるお刺身でした。

img_2081

次に店員さんが貝のたくさん入ったボックスを持ってきてくださいました。その中には新鮮なはまぐりや赤貝やホタテ、牡蠣やアワビなどがどっさり。

なんとここから好きなものを選び、揚げや焼きといった好きな方法で調理してくれるのです!今回はおすすめしていただいた、珍しい「牡蠣の天ぷら」を。
img_2096

牡蠣フライはよくあるけれど、牡蠣の天ぷらはあまり食べたことがなかったのでどんなものかと不思議に思っていましたが、大葉包まれた牡蠣の天ぷらはサクサクなのにで軽い口当たりにびっくり!

牡蠣の苦味も全くなく、大葉と牡蠣の相性も抜群でした。

img_2098

こちらは海苔に包まれた牡蠣の天ぷら。口にいれた瞬間にふわっと香る磯の香りがたまりません。こちらも牡蠣との相性が良く、揚げてあるのにまるで生牡蠣のようなプルプルの食感は初体験でした。

img_2103

続いて「茶碗蒸し」

熱々の卵のなかには銀杏やプリプリ食感の海老が入っていて、出汁香る優しい味わい。思わずおかわり!と言ってしまいそうでした。

img_2093

ここでハイボールと日本酒を。日本酒はワイングラスでの提供で、少し変わった形のグラスがまたかわいいですよね!

img_2100

焼き加減も抜群でふわふわの「焼き魚」

img_2118

シメに登場したのが、「にぎり三貫」。中トロ、あなご、芽ねぎうずら。

お腹は結構いっぱいでしたが、とろけるくらい美味しい握りはいくらでも食べられそう。

img_2131

「あさりのお味噌汁」。ほっとするこのお味噌汁のなかには、これでもかというくらいたっぷりのあさりが入っていました。

img_2135

デザートは「黒ゴマアイス」。

濃厚でクリーミーなごまのアイスクリームは締めに最高でした!

ごちそうさまでした。

お料理も接客も最後に残ったのは満足感のみ。また絶対行こうと心に決めました!デートや接待にはピッタリのお店です。ぜひ足を運んでみてくだいさいね!

店舗情報

img_2038

住所:東京都中央区銀座5-10-13 東洋ライスビル 1F
電話番号:03-3573-5515
営業時間:ランチ 11:30〜14:30 (L.O.14:00)
ディナー 17:00〜23:00 (L.O.22:30)
定休日:日曜日

 

IZUMI
美食・お酒・コミュニケーションが人生を最大に謳歌する三大要素だと信じる、ミーハー気質なグルメ女子。 日頃の日課といえば、グルメ情報の収集。 より多くの人に束の間でもグルメで癒しを与える、そんな記事をお届けできればと思います。