1,252 views

【日本初上陸レポ】シンガポールから初上陸!表参道『サラダストップ』で世界にひとつだけのサラダを作ってみた

ついに連載スタート!まずは2016年に日本にやってきた海外のグルメから続々紹介。

img_2354 今回、記念すべき第一回目にチョイスしたお店はこちら。表参道駅から徒歩5分ほどの場所にある『SALAD STOP!(サラダストップ)』。シンガポールから日本に初上陸したサラダ専門店です。

日本一号店は2016年11月にオープンしたばかりなので、かなり新しいお店。現在、シンガポール・日本のみならずマニラやジャカルタ、香港にも出店しています。

img_2356

地下気味にある店内は入ってみると想像以上に広い!席がたくさんあるので、おひとり様でも気軽に入れる雰囲気です。

オープン時間である11時に入店。平日だったので行列はなかったものの、30分後にはほぼ満席状態!

img_2366

サラダ専門店と聞くと、女性が好きそうなイメージですが意外にも店内には男性の姿が多い!

(さすが表参道というシャレオツな場所というだけあって意識高い男子が多い様子。)

まさに世界にひとつだけのサラダ。完全オリジナルサラダが作れる!

img_2401

このお店はセルフスタイルなので、まず入店してすぐに注文。まずはサラダなのかラップなのか、はたまたグレインというキヌア入のサラダなのかを選びます。

トッピングなども自分で完全にオリジナルのものも作れるけれど、もともとあるお店オリジナルメニューが裏面に!

img_2398

なんせトッピングは全50種類、ドレッシングは18種類もあるものだから初心者のわたしは迷走。ということでここはお店オリジナルのものを。(←ただのズボラ。)

img_2361

せっかくなので、そのお店オリジナルメニューにトッピングをして世界にひとつだけのサラダにしてみました。あはは

img_2367

店員さんが華麗な手つきでサラダを作りあげてくれます。

今回注文したわたしのオリジナル最高に意識高い系サラダはコレだ!

img_2372

こちらがメニュー名がユニークすぎて気になった「アイアン“ウォ”マン」(1,100円)にグリルチキン(150円)とキヌア(100円)をトッピングしたサラダ。

中には、ベイビースピナッチ・フェタチーズ・ローストパンプキン・レーズン・トーストアーモンド・キヌア・グリルチキンが。そしてラズベリービネグレットのドレッシングがかかっています。

img_2396

ひと口食べた瞬間、甘みのあるドレッシングと少し苦味のあるスピナッチが程よく絡まり合います。

さらにそこにチーズのクリーミーさやアーモンドの香ばしさやレーズンの甘さが加わってもう絶品。後味もめちゃくちゃ爽快感満載!

そしてなんといっても食べても食べても減らない量にも驚き。笑

お店の人気メニューはやっぱり人気なだけある味だった。

img_2383

こちらはお店オリジナルのなかでも人気メニューという「ツナサン」(1,070円)のラップを。

中にはミックスグリーン・焼まぐろ・アボカド・枝豆・チェリートマト・マンダリンオレンジ・ごま。そしてわさびハニー醤油のドレッシングがかかっています。

img_2395

ラップも小麦粉・全粒粉・トマト・ほうれん草と選べます。
ここは意識高い感じに全粒粉をチョイス!

全粒粉の良い香りがふわっと漂います。オレンジの甘さとハニー醤油の甘さが想像以上にまぐろともマッチしていて、美味しい!人気の理由がわかります。

そして中は具がモリモリなのに溢れることなくとっても食べやすい!これ持ち帰りにして天気の良い日に公園とかで食べたいな〜。

まさに身体に良さそうなデザート的なものも注文してみたが。。

img_2378

こちらはデザート代わりに一緒に注文した「ストロベリーバナナミューズリー」(500円)。

ヨーグルトの中にチアシードやグラノーラ・ドライフルーツがたっぷり。
img_2407

身体に良さそう!ということは分かったけれど、甘さがほとんどないのでこの量はとってもキツかった。。デザートとしては物足りないですが、朝ごはんには良いかもしれないですね。

個人的には近くにあったら間違いなく通っているお店です。これからも近くに行ったら絶対行くことでしょう。早く自分の完璧な好みのオリジナルサラダを作りたいと思ったお店でした!

店舗情報

img_2355

住所:東京都渋谷区神宮前4-4-13 神宮前柴田ビル 1F
電話番号:03-3403-8770
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:無休

 

IZUMI
美食・お酒・コミュニケーションが人生を最大に謳歌する三大要素だと信じる、ミーハー気質なグルメ女子。 日頃の日課といえば、グルメ情報の収集。 より多くの人に束の間でもグルメで癒しを与える、そんな記事をお届けできればと思います。