762 views

【新店レポ】あの新宿の名店が恵比寿に登場!うなぎ料理専門店『新宿 うな鐵』に行ってきた

新宿の大人気老舗うなぎ料理専門店『新宿 うな鐵』が2016年12月恵比寿にオープン!ということで早速行ってきた!

IMG_2976

恵比寿駅から徒歩3分ほどの路地裏に登場した『新宿 うな鐵』。このお店は新宿で大人気のうなぎ料理専門店です。
カジュアルでありながらどこか高級感も感じる外観で、おしゃれな雰囲気が漂っています。

IMG_3076

店内はカウンター席とテーブル席が7卓ほど。広めの空間でゆっくりとうなぎ料理を楽しみたい時にはぴったりです。

IMG_2992

まずお通しとして登場した「ほうれん草のおひたし」。さっぱりとしていて、優しい味わいの出汁が美味しい。

IMG_2994 (1)

こちらもお通しの大根の千切り。お醤油をかけていただきましたが、食べ物の消化を良くしてくれるという効果があるのだそうです。

目の前で焼いている様子が楽しめるカウンター席がオススメ!

IMG_3045

いよいよお待ちかねのうなぎ料理がスタート。カウンター席からは職人さんが実際にうなぎを焼いているところを見て楽しむことができますよ。

IMG_2999

「くりから」(300円/本)

まずこちらは、うなぎの背中のお肉。ふわっふわとした食感で、食べるとほくほく。脂がしっかりのっているのにもかかわらずクドさも臭みも全くありません。わさびを乗せていただくと、良いアクセントに。

IMG_3003

「ひれ」(220円/本)
贅沢にも1本に6〜7匹のうなぎのヒレを使用しているのだそう。それをニラと一緒に巻き焼いているので、外はパリパリ中はふっくらジューシー!
独特の苦味が日本酒のアテに最高です!
軽い口当たりなので、これは本当に何本でも食べられてしまいますね。

IMG_3022

「う巻」(1,300円)
うなぎが中心に巻かれた出汁巻き卵。ふわふわっとした甘めのだし巻きに、これまたふわふわとした食感のうなぎが!
甘くて優しい味わいで、また食べたくなる逸品でした。

IMG_3016

「うざく」(900円)
お酢に漬けられたうなぎ。うなぎに酸味って合うのか?と思いきや、ひと口食べてみると相性の良さに驚き!さっぱりと食べられ、ちょっとした箸休めにもなりますね。

IMG_3038

「めそっこ」
こちらはうなぎの子どもを丸ごと一匹焼いた贅沢な一品。
身がとても柔らかくて、中骨は全て取り除いてあるので頭の部分以外は全て美味しくいただけます。

IMG_3047

「うなぎのたたき」 
たっぷりのネギのなかにカリッと焼かれたうなぎが。まるでお肉のような食感のうなぎはネギと合わさると、ピリッと辛みを感じなんともクセになる味です。

IMG_3052

「長芋たまり醤油焼き」(500円)
たまり醤油の濃い目の味がお酒との相性抜群なので、おつまみには最適です。シャキシャキとした食感も楽しい一品。

IMG_3070

「うな重 特上」(3,600円)
そして最後はうな丼!お椀とお新香もセットでついてきます。
今回は2人で行ったので特上うな重を半分づつに分けて頂きました。なんとこれで1人分なのです!倍の量でこのお値段というのはかなりリーズナブル。

焼き加減も抜群のうなぎは身も厚く、ふわふわの食感で絶品。甘めのタレがまたご飯の進む味で、いくらでも食べられそうでした。

うなぎと相性抜群!日本酒や自家製酒などドリンクも種類豊富

IMG_3033

「人参酒」(600円)
女性に人気というこちらのお酒を今回はソーダ割りでいただきました。

IMG_3034完全自家製で、朝鮮人参ややまももに漬けて作っているのだそう。漬けてある姿は少しビックリしてしまいますが、こうすることによってきちんとお酒に人参が移るのだそう。
IMG_3031

甘めでほんのりと人参の風味が感じられます。苦味も全く無く、飲みやすいかつフルーティーな味わいなので女性に人気な理由がわかります。個人的にもとても好きな味でした。
IMG_3024日本酒の種類も豊富に用意されています。うなぎ料理との相性もとても良いので、飲み過ぎ注意です!
IMG_3043

『新宿 うな鐵』はデートにも会食にも使い勝手抜群のお店です。ぜひ恵比寿で絶品うなぎ料理が食べたくなった時には行ってみてくださいね。

店舗情報

IMG_2977

住所:東京都渋谷区恵比寿南1-4-7 シエルブルー恵比寿南1階
電話番号:03-6412-8556
営業時間:11:00~23:30 (L.O. 23:00)
定休日:なし
公式サイト

IZUMI
美食・お酒・コミュニケーションが人生を最大に謳歌する三大要素だと信じる、ミーハー気質なグルメ女子。 日頃の日課といえば、グルメ情報の収集。 より多くの人に束の間でもグルメで癒しを与える、そんな記事をお届けできればと思います。