869 views

【日本初上陸レポ】クリーミーすぎる新食感は感動の美味しさ!表参道のショコラトリー『ユーゴ&ヴィクトール』で「ショコラノワール」を飲んできた

2016年4月日本初上陸。本場フランスでも大人気のショコラトリー『HUGO&VICTOR(ユーゴ&ヴィクトール)』

連載第十四回目にチョイスしたのは、表参道ヒルズの1階に入っている『HUGO&VICTOR(ユーゴ&ヴィクトール)』。店舗自体は新宿伊勢丹が日本一号店ではありますが、カフェを併設した店舗の一号店はここ表参道ヒルズ店になります。

現在は二号店として2016年9月に二子玉川にもカフェがオープンしていますよ。

落ち着いた高級感の漂う店内はカフェスペースはもちろん、チョコレートやケーキなどの販売もしています。オープンの時間に行き、多くの人がチョコレートを買いに来ていましたが、カフェスペースは全く並ぶことなくすぐに入ることができました。

『ユーゴ&ヴィクトール』のチョコレートといえば、よくチョコレートの催事などでも出店しているので見たことがある人も多いのではないでしょうか。とにかく目を引くパッケージが多い!本の形になっているものなど、見た目の可愛さから女子ウケは抜群です。

ゆったりと落ち着けるソファー席を案内していただきましたが、クッションと床のデザインが一緒だったりと細かいインテリアにもこだわりが詰まっていて素敵です。

見ても食べても楽しい!ショコラトリーの伝統を変えた新しいスイーツ

「チョコレートパフェ」(1,728円)

今回一番お目当てにしていたのが、カフェでしか食べることのできないこちらのメニュー。少しお高めではありますが運ばれてきた瞬間、その価格にも納得できるほどの見た目の美しさです。

チョコレートアイスの上にはチョコレートのマカロンとキャラメルソースのかかったクレームシャンティが。そして中には砕いたチョコレートビスケットやナッツ、クレームシャンティ、チョコレートアイスなどたくさんの種類が贅沢に入っています。

アイスは少しビターな味わいですが、クレームシャンティと一緒に食べることによって優しい味わいに。終始香るショコラの香りもまた幸せな気分を感じさせてくれます。

ナッツやビスケットといった様々な違った食感も楽しめ、マカロンもしっとりと濃厚で美味しい!かなりスッキリとした甘さなので、見た目ほどボリュームもないので、最後まで全く飽きることなくペロッと完食してしまいました。

「ショートケーク フレーズ」(864円)

店内にはケーキも販売されていますが、カフェスペースでいただくこともできます。ということで、一番人気というこちらのショートケーキを。

小さめのサイズですが、なんといってもこのヴィジュアルが可愛すぎますよね。

スポンジの間にはたっぷりのクリームが。スポンジにもクリームにも写真でも見てわかるくらい大きめの粒のバニラビーンズがたっぷり入っているのには驚きです。

ひと口食べると、ふわっとバニラの香りが口いっぱいに広がります。しっとりとしたスポンジはふんわりとお酒を感じ大人な味わい。甘さ控えめのクリームとスポンジ、そしてイチゴの相性は抜群で完璧なショートケーキです。

まさに『ユーゴ&ヴィクトール』のチョコレートを感じられるドリンクは必食!

「ショコラノワール」(1,080円)

こちらはチョコレートを使用したドリンクなのですが、ひと口飲んでみてあまりの美味しさにビックリしました!かなり濃厚なチョコレートですが、意外にも甘すぎず後味はさっぱり。

なんといっても生クリームのようなクリーミーさとチョコレートのコクが混ざり合った味わいは、今まで飲んだことのない独特さで美味。

チョコレートづくしで少し重いかなと思いきや、ダークなチョコレートを使用しているので軽やか。これだけでも飲みに行きたいと思う程、個人的にお気に入りのドリンクになりました。

「コーヒー」(864円)

ホットコーヒーを注文しても、ちゃんとチョコレートがついてくるというのも嬉しいところ。

全体的に少々エクスペンシブではありますが、場所も表参道ヒルズと贅沢感を感じることもできます。「ショコラノワール」は、しっかりと『ユーゴ&ヴィクトール』のチョコレートを味わうことができる絶品ドリンクなので一度は飲んでみて欲しいですね。

店舗情報


住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館 1F
電話番号:03-6434-0912
営業時間:[月~土]11:00~21:00(L.O.20:30)
[日]11:00~20:00(L.O.19:30)
公式サイト

IZUMI
美食・お酒・コミュニケーションが人生を最大に謳歌する三大要素だと信じる、ミーハー気質なグルメ女子。 日頃の日課といえば、グルメ情報の収集。 より多くの人に束の間でもグルメで癒しを与える、そんな記事をお届けできればと思います。