1,950 views

【新店レポ】見た目も味も絶品ナゲット!なのに肉は一切不使用?!外苑前にオープンしたビーガンカフェ『LAPAZ』に行ってきた

2017年2月リニューアルオープン!肉も魚も一切不使用のビーガンフードを楽しめる『ORGANIC TABLE BY LAPAZ(オーガニックテーブル バイ ラパス)』に行ってきた

東京メトロ銀座線 ・外苑前駅から徒歩6分程のところにある『ORGANIC TABLE BY LAPAZ(オーガニックテーブル バイ ラパス)』。
2017年2月にリニューアルオープンし、現在は有名モデルや海外セレブも好んで食す“ビーガンフード”専門店として生まれ変わりました。

【ビーガン】とはもともと肉や魚をはじめ卵、乳製品も食べない人たちを指す言葉。健康食に関心の高い女性だけでなく、最近の食生活を見直したい男性にも注目されているのです。

広々とした店内は、クラシカルな清潔感のある内装でオーガニック調の家具やインテリアも素敵です。

お店は貸し切りも可能。通常の営業時間は19時までですが、事前に予約をすれば夜でも対応してくれるそう。50人くらいのパーティーには最適ですね。

ナゲットやバーガーなのに本当に肉が入ってない!?
先入観を打ち破るVEGAN JUNK FOOD が登場。

今回はランチタイムにこちらプレートをいただきました。ランチが18時までやっているというというのも嬉しいところ。

「米ナスと甘酒BBQソース×ミックスグレインバンズ」(1,000円)
まずメインのこちらのビーガンバーガー。バンズにはパンではなく、玄米もち米・赤米・黒米・キヌアのミックスしたものが!
もちもちっとした食感のバンズには大ぶりな有機野菜がたっぷり挟まっています。

甘酒と白味噌・麹味噌をブレンドしたBBQソースによって
野菜の甘味とコクが引き出され、食べ応えもあり一つでも充分お腹いっぱいになる一品でした。

「SOY NUGGETS (5piece) 」 (500円)
ソイミートを昆布と椎茸出汁の絶妙なブレンドで加えているそうで、まさにお肉のような食感とジューシーさを味わえます。
自家製ケチャップとオーガニックのマスタードをつけていただくと、見た目も味も絶品ナゲットそのもの!

「FRIED VEGE」(500円)
オーガニック野菜のミックスフライ。
4種類(レンコン・ゴボウ・ジャガイモ・サツマイモ)のフライは、パリパリやホクホクなど野菜ごとに異なった食感が楽しめます。
フライになっていることで、野菜の香ばしさと優しい甘みが引き立ちます。

「ビーガンレアチーズケーキ」(700円)
デザートにいただいたオーガニックのレモンをたっぷり使い、豆乳チーズとカシューナッツクリームで作られたチーズケーキ。
なめらかなムースのような舌触りと
スッキリとした甘さで美味。まったく豆乳っぽさは感じないので、豆乳が苦手な人でも食べられそうですよ。

ビーガンフードだけじゃない!コーヒーやお酒などのドリンクにもこだわりのオーガニックを使用。

「BONSOY Latte」(650円)

こちらのラテにはBONSOYというオーストラリア産のオーガニックの調整豆乳を使用。コーヒー豆もオーガニックのものだそう。
甘みをしっかりと感じる豆乳で個人的にかなり好きな味でした。

「PRANA CHAI」(650円)
チャイもオーガニックにこだわっていて化学製品は不使用。甘みには化学精製されていない洗双糖を使用するというこだわりっぷり!
ひと口飲むとスパイシーな香りが口いっぱいに広がり、はちみつのまろやかな甘味がほっとする優しい一杯です。

こちらはすべてシカゴ発祥のオーガニックウイスキー。ボトルもおしゃれですよね。
次回はそんなこだわりのお酒も飲みに行ってみたいと思いました。

ビーガンフードと聞くとなんだか味気ないものかなと思っていましたが、『ラパス』に行ってその概念が全く覆されました!お食事は全商品テイクアウトもOK!ぜひ一度「VEGAN JUNK FOOD」を食べに足を運んでみてくださいね!

店舗情報

住所:東京都渋谷区神宮前3-38-11 原宿ニューロイヤルビル 1F15号
電話番号:03-6438-9624
営業時間:[火曜日~日曜日]
11:00~19:00 (FOOD L.O18:00 DRINK L.O18:30)
定休日:月曜日
公式サイト

IZUMI
美食・お酒・コミュニケーションが人生を最大に謳歌する三大要素だと信じる、ミーハー気質なグルメ女子。 日頃の日課といえば、グルメ情報の収集。 より多くの人に束の間でもグルメで癒しを与える、そんな記事をお届けできればと思います。