1,163 views

【新店レポ】これぞ“究極の丸鶏”!六本木『HY TOKYO』でもっちもちの絶品トリュフご飯入り丸鶏を食べてきた

これがずっと待ち望んでいた念願の逸品。想像を超えた美味しさに感動!!

今回コレを目当てに来たと言っても過言ではないくらい興味をそそられていたお料理がこの「丸ごと雛鳥のグリル HY スペシャリテ」(5,800円)。
目の前に運ばれてきた瞬間あまりの迫力に驚くとともに、ふわっ鼻をぬけるトリュフの香りに包まれ幸福感を感じさせてくれます。

丸々一羽の鶏ですが、ただの丸焼きではないのです。
このお尻の部分から少し何か見えているのがお分かりでしょうか?
なんとこの鶏の中にはぎっしりとご飯が詰まっているのです。

丸焼きを目で見て存分に楽しんだあとは、店員さんがカットしてくれます。
もも・手羽・胸・ぼんじりとひとつで全部の部位を味わえるというのは丸焼きだからこその特権。

焼き加減が絶妙で、どの部分を食べてもとても柔らかい!
今回は4人でシェアしましたが、軽い食感でさっぱりしているのでペロッとたいらげてしまいました。

なんといっても中にたっぷりはいっているこのご飯。こちらもただのご飯ではなく、もち米のトリュフご飯!
もちもちっとした食感のご飯にトリュフの香りがしっかりと染み込んで、少し濃い目の味付けですがさっぱりとしたお肉と相性抜群。

毎日でも食べたいくらい美味で、これは絶対に食べるべき逸品と言えるでしょう。

調理に約50分ほどかかるので、一番最初に頼んでおくのがベストです。

アメリカ歴代3大統領の就任晩餐会で総料理長を務めた山本秀正氏監修のお店『HY TOKYO』。

この丸鶏をいただくことができるお店は、六本木駅から徒歩3分ほどの場所に2017年3月1日にオープンした『HY TOKYO』。

ここは、アメリカ歴代3大統領就任の晩餐会で総料理長を務めた山本秀正氏が監修するレストラン。
山本氏は28歳という若さでワシントンD.Cのリッツ・カールトンホテルで総料理長に就任するなど、世界的支持を得ているシェフなのです。

六本木という街柄、営業は毎日朝5時まで。普通に食事を楽しむ以外にも、バースタンドでちょい飲みとして利用したり完全個室にはカラオケもついているので、色々な場面で使い勝手のよさそうなお店です。

完全個室は30分5,000円、半個室は1席時間問わず2,000円の席料。

“ガストロノミーを身近に”をテーマにした見た目も美しいお料理。少しづつ色々を楽しめるコースがおすすめ

こちらの自家製パンはお通しとして提供され、おかわりは自由。外はサクッと中はふんわり焼き上げられていて、モチっとした食感がクセになります。
ただ、美味しさのあまり食べ過ぎてメイン料理たちが食べきれないなんてことがないよう注意が必要。

アラカルトメニューに加えて2種類のコースも用意されています。
今回は5,500円4品コースをお願いしました。

・タパスより2品
・白身魚のポワレorメインディッシュより一品
・デザート
・コーヒーまたは紅茶

「サーモンマリネとアボカドのピンチョス」(2串680円)

タパスは好きなものを1人2品選べるということで、みんなでシェアして少しづついただきました。

とにかく種類豊富なタパス。まず注文したこちらのピンチョスはサーモンの間にビーツとアボカドがサンドしてあります。ハーブの香りが漂い、爽やかな味わい。

「A5和牛ローストビーフとトリュフのピンチョス」(2串700円)
こちらは希少な島根県産石見牛のローストビーフを使用した贅沢なピンチョス。なかにはビーツとセロリが巻かれています。

「ポレンタチップの生ハム巻き」(3串680円)
ポレンタというのはとうもろこしの粉を餅状にこねたイタリア料理。生ハムの中にはモチモチのポレンタチップが巻かれています。
食器などもおしゃれなのも魅力のひとつですね。

「ロビオラチーズとフルーツトマトのカプレーゼ」(650円)
変わった形のスプーンに乗せられたカプレーゼは、糖度80を超えるロッソトマトを使用していて甘味があります。ガスパチョソースと一緒にひと口で食べることによって口のなかで程よい塩加減に。

「ハーブと楽しむオリーブ5種」(700円)
見ているだけでも芸術のようなオリーブ。食べるのがもったいないくらい美しいですね。

「スパイシーグラタン“イカのセウタ”」(1,200円)
中には柔らかいイカがたっぷり入っています。カレー風味のスパイスが効いていて、お酒のお供にはピッタリです。

「フォアグラのサクサクコロッケ トリュフソース」(1,200円)
まるでリンゴのように見立てた可愛らしいフォアグラのコロッケが登場。

コロッケの中を切ってみると中にはフォアグラが。そのまま食べるフォアグラももちろん美味しいですが、コロッケのなかに入り一緒に揚げられていることによってよりクリーミーで滑らかな食感に。

添えられているリンゴのエスプーマやドライフルーツとの相性が意外にもマッチ。

「トリュフづくしのフレンチフライ」(520円)
自家製のトリュフソルトをかけ、さらにトリュフ入りのソースをつけていただくという、まさにトリュフづくしのフレンチフライ。
このソースがとても濃厚クリーミーで個人的にとても好きなソースでした。

「桜のジントニック」(850円)
季節限定の可愛いカクテルも用意されています。

「パクチーのモヒート」(1,200円)

「仔羊背肉のロースト ローズマリーの香り 」
全く臭みもなく、柔らかい仔羊のローストは言われなければまるで牛肉かのよう。いくらでも食べられそうなくらい絶品。

メインディッシュの付け合せには蒸し野菜がついてきます。

「ブランド和牛 フィレステーキ100g」(コース料金+1,300円)
ガーリックソースとフォンドボーを使用したマデラソースが一緒についてきます。甘い脂が口のなかでジュワっと広がりジューシー。

「地鶏卵のパリパリクレームブリュレ」(900円)
ここまで厚くパリパリな食感のクレームブリュレは初体験でした。
サクサクと言っても良いくらいの砂糖と、中の滑らかで濃厚なカスタードクリームが混ざり合いかなり甘めでありながらしつこさを感じさせない一品。

「濃厚ガトーショコラ」(750円)
とっても濃厚なガトーショコラはまるでチョコレートを食べているかのよう。ずっしりとボリューミーではありますが、甘すぎずほんのりビターな風味を感じるケーキなので最後まで美味しくいただけました。

味だけでなく、見た目から美しい食事をいただくことのできるお店です。
現在は17時半からの営業ですが、いずれはランチも展開予定なのだとか。今後も期待が高まるお店です。ぜひ行ってみてくださいね!

店舗情報

住所:東京都港区六本木 3-13-14 ゴトウビルディング 3rd 1階
電話番号:03-6455-4157
営業時間:17:30 ~ 29:00(L.O.28:30)
定休日:日曜日・祝日
公式サイト

IZUMI
美食・お酒・コミュニケーションが人生を最大に謳歌する三大要素だと信じる、ミーハー気質なグルメ女子。 日頃の日課といえば、グルメ情報の収集。 より多くの人に束の間でもグルメで癒しを与える、そんな記事をお届けできればと思います。