1,613 views

【渋谷】あの肉のエアーズロックがフレンチトーストの“バーガー”に?!『大木屋』が新業態をオープン!

あの予約の取れない人気鉄板焼き『大木屋』が、新しく業態を大幅に変えた新店舗をオープン!

「肉のエアーズロック」で一躍大注目店となった、東京・日暮里に本店を構える鉄板焼き『大木屋』。
そんな人気店を運営する株式会社オオキは、今回2017 年 3 月 25 日(土)に新しい業態で渋谷に新店舗をオープンするということで、ひと足先にお披露目会に行って来ました。

今回新しくオープンするのは、渋谷駅から徒歩10分ほど宮下公園の近くIRON PLATE CAFE 「Sapling」というオオキ初のカフェ。
とても閑静な場所でおしゃれなカフェやアパレルショップが立ち並ぶ場所です。

店内はウッディな空間になっていてとても落ち着いた雰囲気。
おしゃれなカフェと聞くと男性は入りにくいイメージですが、このお店は男性でも気軽に入りやすい空間になっています。
デートにもおすすめですよ。

カフェなのに鉄板?!看板メニューは鉄板で焼き上げる【フレンチトースト×バーガー】

この日はお披露目会ということで、代表兼シェフでもある大木氏がメニューの説明をしてくださいました。

このお店は大木氏がフランスに住んでいた頃に、実際に朝食として毎朝食べていたフレンチトーストからヒントを得て長い期間をかけついにオープン。
甘いフレンチトーストだけだと飽きてしまうということから、お食事系やスイーツ系と種類豊富な味を楽しめるお店にしたのだそう。

さらにお食事系にもスイーツ系にも相性の合う自家製バンズをなんと1年間もの期間をかけ開発。
栄養面にも配慮し、スーパーグレイン(驚異の穀物)とも呼ばれるスーパーフード「アマラサンス」を練り込んでいます。

あの肉のエアーズロックのクオリティはそのまま!『大木屋』の“裏メニュ”ーもバーガーに。

特別に大木氏の実演を目の前で見ながらお店一押しのメニューを作っていただきました。
こちらがあの大木屋の名物「肉のエアーズロック」。クオリティもなにも崩さずそのままを提供。

かなり巨大なお肉はバーガー一つ用に切っても厚みがありますね。
鉄板でフレンチトーストを焼くという新感覚の調理過程を楽しめる2階の席がおすすめですよ!

さっと卵液に漬けたバンズと一緒に鉄板でお肉と一緒に焼いていきます。

そして完成したこちらが「フレンチステーキバーガー」(1,380円)。見た目からしてかなりのボリューミーさ!「カフェの食事じゃお腹にたまらない」という男性でも大満足できるメニューです。

中にはステーキをはじめ、玉子・トマト・玉ねぎ・レタスそしてニンニクと具沢山。
しっとりふわっとしたバンズは食材とうまく絡み合い美味。
何と言っても甘じょっぱいソースとニンニクのパンチもしっかりと効いていて、食べ応えも抜群の一品でした。

この他にもステーキではなくグリルチキンのフレンチバーガーや、『大木屋』の裏メニューとして知っている人も多いであろうアノ「大木屋メンチカツ」や「エビフライ」をサンドしたメニューも用意されています。

まさにココでしか食べることのできないメニューは必食です!

こちらはスイーツ系の「フレンチカスタードバーガー」(930円)
クリームにはディプロマットクリームという、カスタードと生クリームを合わせた軽めのクリームを使用。
しっかりと卵液の染み込んだバンズはこのまま食べてももちろん絶品。

パンも具材も甘いとなるとかなり重いかなと思いきや、軽めのクリームと甘さ控えめのフレンチトーストは全く重くなく、お食事系のフレンチバーガーを食べたあとでもペロッと完食。
スイーツ系のメニューも種類豊富なので、個人的に通いたくなってしまうお店でした。

大木氏は手づかみで食べるケーキ、というように気軽にパクッと食べられるフレンチバーガーでありたいとおっしゃっていました。
カフェで鉄板焼きが楽しめるというのも嬉しいところ。
ぜひ新感覚のフレンチトーストバーガーを食べに足を運んでみてくださいね!

店舗情報



オープン日時:2017年3月25日(土)
住所::東京都渋谷区神南 1-17-2 DIX 神南 1-2F
電話番号::03-6455-1343
営業時間:月~土 11:30~22:30 (22:00 ラストオーダー)
日・祝 11:30~21:30 (21:00 ラストオーダー)
公式サイト

 

 

IZUMI
美食・お酒・コミュニケーションが人生を最大に謳歌する三大要素だと信じる、ミーハー気質なグルメ女子。 日頃の日課といえば、グルメ情報の収集。 より多くの人に束の間でもグルメで癒しを与える、そんな記事をお届けできればと思います。