397 views

【銀座】『串かつ 凡』の裏メニュー“究極のカツサンド”は絶対注文すべし!ミシュラン一つ星獲得の無限串揚げを食べてきた

『串かつ 凡』の裏メニュー、お土産の“究極のカツサンド”が噂通り絶品すぎて驚嘆!

東京・銀座にあるミシュランを獲得するほどの名店『串かつ 凡』。
そんなお店の提供する串かつはもちろん、知る人ぞ知る“裏メニュー”「究極のかつサンド」(2,800円)が絶品すぎるとの噂を聞きつけ、早速行ってきました!

そんな噂の見た目から美しいかつサンドがこちら!!
A5ランクの山形牛ヘレ肉を使用した、『串かつ 凡』の職人さんたちが作り出したというかつサンド。

箱を開けると、なんともフォトジェニックなかつサンドが6切れ入っています。
一切れ500円近くもする高級サンド!

ヒレカツは串に刺してから揚げ、遠心法で余分な油を落としたあとに切ってサンドにしているため全く油っぽさがないかつサンドなのです。
なんといっても、ひと口噛んだ瞬間お肉なのにトロけるような柔らかさにびっくり!

このカツサンドはお土産限定のメニュー。(かつサンドの購入のみも可能)
注文から30分ほどかかるので最初に頼んでおくのがおすすめ!
『串かつ 凡』に行ったなら、絶対に買って帰るべきお土産です。

絶品カツサンドが食べられる『串かつ 凡 』。大阪・北新地本店ではミシュランの一つ星も獲得する名店

銀座駅から徒歩7分ほどの路地裏のビル3階にある『串かつ 凡』。
串かつの本場である大阪から東京に進出した、まさに本格的な串揚げを食べられるお店です。

2010年にはミシュランの一つ星も獲得し、現在は「串かつを世界に」という看板をかかげ、パリにも出店している大人気店。

高級感溢れる店内はカウンター席がメイン。
個室もあるので、会食やデートにもピッタリですよ。
個人的には目の前の揚げたてを即いただけるカウンター席がおすすめ。

「ストップ」というまで終わらない!カウンター席で本格的な串揚げを堪能。

基本的にはストップというまで終わらないのが、本場・大阪の本格串揚げ。
『串かつ 凡』の串かつが美味しすぎて食べていたところ、最終的には自分でも驚くほどの数に…!
その中でもお気に入りの串揚げの一部をご紹介。

「しいたけ」
こちらのしいたけはただのしいたけではないのです。なんと中にお肉が詰められていて、かなりジューシー。
しいたけとお肉の旨味が広がる逸品です。

「本マグロの中トロ」
ごま油香るネギがのった串は本マグロの中トロ。
かなり柔らかく、口に入れた瞬間とろけます。ネギとの相性も抜群!

「フォアグラ」
濃厚でクリーミーなフォアグラ。
わさびの辛味がアクセントになり、よりフォアグラの甘みを感じ、なんといっても口のなかで広がるなめらかさがたまりません。

「子持ち昆布の水ウニ&キャビアのせ」
子持ち昆布の串揚げの上には贅沢に雲丹とキャビアがのっています。
プチプチとした食感の子持ち昆布に、滑らかでクリーミーな雲丹と香り豊かなキャビアは最高の組み合わせで最高の贅沢串。

「生ハム」
中には、トマトとトロ〜っと熱々のバジルチーズが溢れ出してきます。
やけどに注意ですが熱々のチーズと塩気の効いた生ハムの相性は抜群!

「アスパラ」
串かつといえばアスパラは定番の一つでもあります。
水々しい新鮮なアスパラはシャキシャキとした歯ごたえも楽しく、何本でも食べられそうなくらい美味でした。

この他にも色々と頂いて、なんとこの日いただいた串の数は1人で合計30本!
本当にすべての串が絶品で今まで食べたことのないものばかりで、ペロッと食べてしまいました。

この『串かつ 凡』はまた1本1本揚げたてを目の前で提供してくれるという贅沢感を味わえるのも特権のひとつ。
少しエクスペンシブではありますが、ぜひ自分へのご褒美に行ってみてほしいお店です。
そしてお土産のかつサンドは必食です!

店舗情報

住所:東京都中央区銀座8-2-8 銀座高本ビル 3F
電話番号:03-6274-6649
営業時間:12:00〜14:00(最終入店13:00)※ランチは月曜定休
17:30~23:00(最終入店21:00)
定休日:日曜日・年末年始
公式サイト

 

IZUMI
美食・お酒・コミュニケーションが人生を最大に謳歌する三大要素だと信じる、ミーハー気質なグルメ女子。 日頃の日課といえば、グルメ情報の収集。 より多くの人に束の間でもグルメで癒しを与える、そんな記事をお届けできればと思います。